川崎市、多摩市、横浜市、稲城市、大田区、目黒区、世田谷区の皆さんこんにちは。
川崎市高津区のくらた動物病院の院長倉田です。今回は、フェレットの肥満細胞腫の症状や治療方法について解説いたします。

 

フェレットの皮膚に急に黒い小さな塊が付着していることを発見することがあるかも知れません。

黒い小さな塊の正体は血液が乾燥して固まったものです。黒い塊の下に赤い血液を認める場合もあるかも知れません。つまり、皮膚表面から出血を起こしていたわけですが、発見時に出血そのものの持続を認めることは、ほとんどの場合ありません。

怪我をしたのではないかとか、同居のフェレットなどに咬まれたのではないかと心配される飼い主様が大勢いらっしゃいます。

実は、このような症状を引き起こす最も可能性の高い病気は肥満細胞腫です。

フェレットの皮膚にできる肥満細胞腫はほとんどの場合2~3mm程度の小さな腫瘤であり、円形で周囲よりもやや肌色の濃い皮膚表面からわずかに膨らんでいる腫瘤として認められます。

この肥満細胞腫は、肥満細胞と呼ばれる免疫細胞の一種の腫瘍であり、重要な点としては犬などの他の動物種と異なり良性の腫瘍であるという点です。

この肥満細胞は内部に炎症を起こすヒスタミンや血液の凝固を阻害するヘパリンという物質を含んでいて、肥満細胞腫は時々ヒスタミンやヘパリンを細胞の外に放出することがあり、その結果肥満細胞腫の周辺の皮膚が同心円状に炎症を起こして赤く腫れ、また中心の腫瘍表面から出血することがあります。出血といっても、滲み出るような程度ですが、先ほどのヘパリンという血液凝固を阻害する物質のおかげで滲み出る血液がなかなか凝固せず、じわじわじわじわ出続けます。このように出た血液が表面の毛にくっついて乾燥して固まった黒い塊を飼い主様が発見するのです。そのころにはさすがに出血自体は止まっていることがほとんどです。また、赤く腫れる状態も2~3日で自然に消失します。蚊に刺された皮膚が赤く腫れて数日で自然に消えるのと生理的には非常に似た現象です。

フェレットの皮膚にできる肥満細胞腫は、赤く腫れて出血を引き起こすので発見すると驚きますが、良性の腫瘍であり赤く腫れていても何故かフェレットは痒がったりましてや痛がるそぶりも見せず、数日で自然に治り、尚且つ腫瘍として大きく増大することがほとんどの場合には起こらないため、過去には腫瘍治療の原則から早期に切除したり、ステロイドの塗布薬を塗ったりを試してみましたが、現在では頻繁な出血が起きないかどうかと、腫瘍自体が増大しないかどうかについて注意して頂きながら、原則として経過観察としています。

以上、フェレットの皮膚にできる黒い塊の原因である肥満細胞腫について書いてみましたが、一見同じように見えるものでも異なる原因がありますので、皮膚に異状を発見した場合にはまずは獣医師の診察を受けていただく事を強くお勧めいたします。

投稿者: くらた動物病院